むずむず脚症候群

むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群は足の裏やふくらはぎ、太ももなどに不快感が起こり、じっとしていられなくなる病気で、レストレスレッグス症候群、下肢静止不能症候群とも呼ばれ、有病率は、人口の2〜5%といわれています。しかし、疾患の認知が進んでいないため、多くの患者さんが見逃され、十分な治療を受けられないままになっていると考えられます。
男性に比べ、女性は1.5倍多いというデータもあります。

症状

患者さんによって症状の訴え方はさまざまですが、よく聞かれるのは「足の中をムズムズとした虫が這うような感じがする」「痛い」「かゆい」などの不快感です。
この病気は腕や足に起こりますが、ほとんどが足、とくにふくらはぎの辺りに生じます。夕方から夜にかけて症状が起こり、特に寝床に入ってから最も症状が現れやすいのが特徴で、じっとしていられないほどです。そのために睡眠が十分にとれず、不眠に悩まされることが多くなります。
人によっては、動かしたり歩いたりすると症状は軽くなりますが、寝るとまた起こってくるという特徴があります。

むずむず脚症候群セルフチェック

セルフチェックをしてみましょう!4項目すべてにあてはまったら、「むずむず脚症候群」の可能性があります。

  1. 脚に不快感があり、脚を動かしたくてたまらなくなる
  2. 安静にして、静かに横になったり座ったりしている状態で始まる、あるいは増悪する
  3. 運動によって改善する
  4. これらの症状は日中より夕方・夜間に増強する

    いかがでしたか?すべてにあてはまらなくても、気になる場合は一度ご来院ご相談ください。

    どのような治療方法?

    むずむず脚症候群では、適切な薬物治療を行うことで、症状の改善が期待できます。ドパミンの働きを補う薬剤、てんかんの薬などが治 療に使われています

    むずむず脚症候群は、筋肉や皮膚の病気ではありません。中枢神経に関係する病気ですから、当医院にお気軽にご相談下さい。